CSRへの取り組み

Corporate Social Responsibility

環境への取組み

  • 天然ゴムを主体とした製品

    天然ゴムを主体とした製品

    ゴム張り手袋やラテックス手袋、ゴム長靴など、アトムでは創業当初から天然ゴム原料を主体とした製品づくりに取り組んできました。その姿勢は現在でも変わりません。

  • 再生原料の積極的利用

    再生原料の積極的利用

    ペットボトル再生糸に代表される再生原料。アトムでは早くからそれらの利用に積極的に取り組んできました。また、天然ゴム原料や、糸(繊維)においても再生原料の利用を行っています。

  • 環境にやさしい包装資材

    環境にやさしい包装資材

    商品をパッケージしている包装フイルムには焼却しても有毒ガスを発生しない素材、ダンボールケースでは、再生ダンボール原料の利用、また簡易包装の採用など、多方面で地球環境にやさしい製品づくりに努めています。

地域への取組み

  • 清掃活動

    清掃活動

    年数回、竹原市の河川・海岸の清掃活動に有志がボランティアで参加しています。活動を通して地域美化の向上、地域とのコミュニケーションを図っています。

  • 福祉活動

    福祉活動

    アトム本社のある広島県竹原市忠海には、(社)中国芸南学園と、(社)聖恵授産所の福祉施設があります。これらの施設の方々にアトムの仕事を手伝って戴いたり、イベントに参加したりと福祉活動を通して親睦を深めています。

  • 商品知識

    イベント参加

    毎年地元で開催される夏祭りに、踊りのチームを結成して参加しています。祭りを通して、地元企業や地域の方々とのコミュニケーションを図っています。

トライアスロンサポート

トライアスロンサポート

トライアスロンアスリート 福元哲郎
トライアスロン競技は鉄人レースと呼ばれ、スイム(swin)/水泳・バイク(bike)/自転車・ラン(run)/ランニングの3つの競技を行い、総合的な力が求められる究極のスポーツです。

スポーツと企業活動という分野の違いはありますが、アトムでも、製造・販売・管理という3つの力を合わせて、総合力を高めて行きたいという気持ち(トライアスロン精神)で企業活動を行っています。

そういったことから、地元広島県出身のトライアスリート、福元哲郎さんの活動をサポートしています。

みちのく未来基金

みちのく未来基金

東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
みちのく未来基金